企業と保育事業者が一緒に保育施設を運営するあたらしいカタチ。
『企業主導型保育園』を利用する企業様を募集しています。

提携企業
第一生命株式会社 
太陽生命保険株式会社 
明治安田生命保険相互会社 

上記の提携企業様のお子様をお預かりしております。

では、どの様に利用すればいいのか?

企業主導型保育園利用目的
従業員のお子様の
受入先
新入社員雇用時に 求人募集時の
イメージアップ

従業員が認可保育園に
落ちてしまった

職場の近くに
子供を預けたい

産後の復帰に

待機児童問題という言葉は、メディアの報道などでよく耳にすると思います。待機児童の数は国や各自治体が取りまとめていますが、実はそこで待機児童にカウントされない「隠れ待機児童」の問題が潜在化していることをご存知でしょうか。2017年4月時点での「待機児童」は26,081人に対して、「隠れ待機児童(潜在的待機児童)」と言われている数は69,224人。割合で言うと待機児童のおよそ2.6倍で、一般的に言われている待機児童よりも隠れ待機児童の方が圧倒的に数は多いのです。隠れ待機児童を含めると更に待機児童が増えてきます。
希望する認可保育園が受からず、復帰出来ずに悩んでるご家庭も多いはず!

隠れ待機児童とは、2001年からは「認可外保育施設を利用しながら待機している児童は待機児童のカウントから除く」というルールに変更されました。

Q.
子育てと両立して仕事をしたい!でも認可保育園に落ちてしまい子供を預かってくれる保育園が見つからない。
A.
こういった時に企業主導型保育園は便利です。
提携を結んでいれば新入社員の方のお子様も働くタイミングで受け入れ可能です。

Q.
会社が柏駅だけど自宅は会社から遠いく子供のお迎えが間に合わない。
毎日延長保育になってしまう。
A.
帰りが遅いとお子様も不安です。会社の近くに保育園があれば、出勤時間まで一緒に入れてお子様とゆっくり帰れて安心です。

 

保育園共同施設、共同利用までの流れ
企業間連携利用契約を結ぶ
電話で園児の空き状況確認
保護者見学
保護者利用契約
園児登園

お気軽にお問合せください。

新三洋警備保障株式会社 保育ルームひまわり

04-7196-6342 担当:金澤